パート収入の4つの壁!実績103万円の税制と見込130万円の社会保険

パート勤めの場合、年収調整のため、年末には出勤調整を行う人も、多いでしょう。

パート収入の壁といえば、「103万円」と「130万円」の2つの壁。

103万円は税法上の壁、130万円は社会保険上の壁です。

いずれにおいても、基本的な観点は、扶養家族からの除外です。

103万円を超えれば自身で税負担が発生し、130万円以上となれば自身で健康保険に加入することが原則となります。

税法上の壁は1月~12月の【実績】で、社会保険上の壁は扶養判定日以降の【見込】で判定されます。

今回は、103万円と130万円の2つの壁に、100万円と150万円の壁も加え、税法上と社会保険上の4つの壁について、確認します。

“パート収入の4つの壁!実績103万円の税制と見込130万円の社会保険” の続きを読む

年収960万円?特例給付?児童手当の所得制限の年収目安と所得控除の内訳

2021年11月10日、政府は18歳以下の子どもを対象にした10万円相当の給付を表明しました。

給付金には児童手当の所得制限の仕組みを活用し、行政が対象者の申請を待たずに配るプッシュ型で、早期の支給を目指すとのこと。

話題は、年収960万円。

夫が会社員、妻は専業主婦、子2人のモデル世帯における児童手当の所得制限の年収目安が960万円であることが、根拠でしょう。

ですが、児童手当の所得制限「年収960万円」とは、あくまでも「目安」です。

児童手当の所得制限の適用は、政令で定める所得額で行うため、収入額は用いません。

10万円給付が児童手当の仕組みをそのまま活用するということであれば、所得制限限度額以上の特例給付の受給者を除外する取扱いとなるでしょう。

今回は、児童手当における所得制限の仕組みや内容について、確認してみましょう。

“年収960万円?特例給付?児童手当の所得制限の年収目安と所得控除の内訳” の続きを読む

パワーカップル必見!子育て中の共働き夫婦の所得金額調整控除の取扱い

2018年の税制改正により、2020年から、年収850万円超の給与所得者の給与所得控除額が引き下げられています。

給与所得控除額の引き下げとは、増税のこと。

一方で、子育て等の負担のある人には税負担の軽減制度が新設されています。

それが、所得金額調整控除です。

今回は、2020年より開始された所得金額調整控除の適用対象要件のおさらいと、子育て中の共働き夫婦の所得金額調整控除の取扱いを確認します。

“パワーカップル必見!子育て中の共働き夫婦の所得金額調整控除の取扱い” の続きを読む

年の途中で税区分の甲欄・乙欄が変更となった給与所得者の年末調整の取扱い

国税庁のサイトに令和3年分の年末調整のしかた が公開されました。

令和3年分に大きな法改正はありません。

年末調整のしかたに記載されている昨年と比べて変わった点は、①「扶養控除等申告書」などの申告書類の押印廃止と、②電磁的方法で「扶養控除申告書」などの提供を行う場合に税務署長の承認が不要となった旨の2点のみです。

年末調整の事務担当者が、はじめに押さえるべきポイントといえば、「年末調整の対象となる人」と「年末調整の対象となる給与」の2点です。

今回は、年の途中で甲欄と乙欄の税区分が変更となった場合の年末調整の取扱いを確認しましょう。

“年の途中で税区分の甲欄・乙欄が変更となった給与所得者の年末調整の取扱い” の続きを読む

『具体⇔抽象トレーニング』~なぜ、あの人の話はわからないのかがわかる本~

本書は、一言でいえば、思考力を高めるための方法論を体系化した本です。

思考力とは、「自ら能動的に考える力」。

思考力を高めるために必要なことは、具体と抽象を行き来すること。

具体と抽象の思考法で、次の3つの「なぜ」がわかります。

「なぜ、勉強ができても仕事はできないのか。」

「なぜ、あの人の話はわからないのか。」

「なぜ、目標は達成できないのか。」

今回は、3つの「なぜ」について、具体と抽象を行き来して、解消しましょう。

“『具体⇔抽象トレーニング』~なぜ、あの人の話はわからないのかがわかる本~” の続きを読む