これはアウト!パワハラ認定の3要素と典型的な6類型の裁判例

2019年5月に「労働施策総合推進法」が改正されました。

改正により、大企業は2020年4月から、中小企業は2022年4月から、職場におけるパワーハラスメント対策が、事業主に義務付けられています。

パワハラに該当するか否かの判断基準に用いられるのが、パワハラ認定の3要素です。

そして、パワハラの代表的な事例を分類したのが、パワハラの6類型です。

今回は、パワハラの3要素と6類型について、裁判例も参照し、確認してみましょう。

“これはアウト!パワハラ認定の3要素と典型的な6類型の裁判例” の続きを読む

誰が払う?年金・医療・介護・子育ての社会保障4経費の費用負担の割合

選挙の争点といえば、昔も今も、年金・医療等の社会保障でしょう。

社会保障が争点となり得るのは、制度により、得する人と損する人がいるからです。

社会保障の4経費といえば、年金・医療・介護・子育て。

今回は、社会保障の4経費である、年金・医療・介護・子育てについて、誰が、どれだけ、費用を負担しているのか、図表を用いて、確認してみましょう。

“誰が払う?年金・医療・介護・子育ての社会保障4経費の費用負担の割合” の続きを読む

なぜ辞めた?厚生労働省公表の男女別の離職理由ランキング

厚生労働省の令和2年雇用動向調査結果 によると、令和2年1年間の離職者数は約700万人。

離職率は、14.2%にも及びます。

1年間で、10人に1人は、会社を辞めていることがわかります。

給料が安い、人間関係が悪い、やりたい仕事ができない、辞めさせられたなど、離職理由はさまざまです。

今回は、厚生労働省の雇用動向調査による離職理由を男女別にランキング形式で確認してみましょう。

“なぜ辞めた?厚生労働省公表の男女別の離職理由ランキング” の続きを読む

子育て支援の優良企業の証明?プラチナくるみんの12の特例認定基準

次世代育成支援対策推進法は、少子化対策として、2005年4月1日から施行されています。

法律では、常時雇用労働者が100人を超える企業(事業主)に、次世代育成支援対策に関する計画である一般事業主行動計画を策定し、厚生労働大臣への届け出を義務づけています。

行動計画に定めた目標を達成する等の一定の基準を満たした企業は、申請により、厚生労働大臣より子育て支援の優良企業として認定を受けることができます。

その認定を、「くるみん認定」といいます。

くるみん認定企業のなかで、特に高い水準の取組を行っている企業に対する認定が「プラチナくるみん認定」です。

今回は、「プラチナくるみん認定」の12の特例認定基準について、確認してみましょう。

“子育て支援の優良企業の証明?プラチナくるみんの12の特例認定基準” の続きを読む

すぐつかえる!算定基礎届(定時決定)の提出前チェックリスト

健康保険料や厚生年金保険料の基礎となる標準報酬月額は、毎年1回、算定基礎届(定時決定)により改定されます。

算定対象となるのは4・5・6月に支払われた賃金の1か月あたりの平均額です。

決定された標準報酬月額は、月額変更(産休育休終了時改定含む)に該当する場合を除き、その年の9月から翌年の8月までの保険料や保険給付の額の基礎となります。

現在では、算定基礎届の計算・作成処理は給与計算システムで処理をすることがほとんどでしょう。

ですが、自動処理では例外ケースの対応ができない場合も、多々あります。

今回は、算定基礎届の提出前に確認すべき事項を、チェックリスト形式でご案内します。

“すぐつかえる!算定基礎届(定時決定)の提出前チェックリスト” の続きを読む