西高東低?マイナンバーカードの都道府県別の交付状況と交付率ランキング

マイナポイントの第2弾が2022年1月1日より開始されました。

第2弾では、最大20000円分のマイナポイントがもらえます。

20000円の内訳は、以下の3つ。

❶マイナンバーカードの新規取得(又は第1弾未利用)で5000円

❷健康保険証の利用申込で7500円

❸公金受取口座の登録で7500円

マイナポイントの申し込みには、マイナンバーカードの取得が必須です。

今回は、都道府県別のマイナンバーカードの交付状況を図表で確認してみましょう。

“西高東低?マイナンバーカードの都道府県別の交付状況と交付率ランキング” の続きを読む

月末休めば社保免除?育休中の社会保険料免除要件の見直し(2022年10月改正)

厚生労働省の「令和2年度雇用均等基本調査」によると、男性の育児休業取得率は12.65%まで上昇しました。

一方で、育休期間が5日未満の取得者の割合は28.33%で、実態は超短期の取得者が相当数いることがわかります。

男性の育休取得月は、賞与の支給月に集中します。

その理由は、シンプルです。

賞与支給月の月末に育休取得をしていれば、当該月の給与の社会保険料(健康保険・介護保険・厚生年金保険)に加え、賞与分の社会保険料も免除されるからです。

本人負担のみでなく、会社負担も免除され、労使双方にメリットがあります。

ですが、育児休業中の社会保険料免除要件の見直しにより、1か月以内の短期間の育休取得は賞与の社会保険料免除は対象外となります。

今回は、2022年10月から施行される「育児休業中の社会保険料免除要件の見直し」について、確認しましょう。

“月末休めば社保免除?育休中の社会保険料免除要件の見直し(2022年10月改正)” の続きを読む

半日休暇は何時間?半日単位年休の制度設計と実務がわかる9つの質問

年次有給休暇は日単位での取得が、原則です。

ただし、労働者が希望し、使用者が同意した場合であれば、半日単位で与えることも可能です。

半日単位の年休制度は、労働基準法に具体的な規定はありません。

各企業において任意に導入する制度となります。

独立行政法人労働政策研究・研修機構の「年次有給休暇の取得に関するアンケート調査」によると、半数以上の企業で導入されています。

今回は、半日単位年休の制度と実務について、9つの質問で確認しましょう。

“半日休暇は何時間?半日単位年休の制度設計と実務がわかる9つの質問” の続きを読む

育児・介護休業法の2022年4月からの5つの改正と3段階施行のポイント

2021年6月3日に改正育児介護休業法が公布され、2022年4月から順次施行されます。

改正の趣旨は、出産・育児等による離職を防ぎ、男女ともに仕事と育児を両立できるようにすること。

改正の内容としては、大きく5つあります。

【1】育児休業を取得しやすい雇用環境整備、個別の周知・意向確認の義務化
【2】有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和
【3】産後パパ育休(出生時育児休業制度)の創設
【4】育児休業の分割取得の可能化
【5】育児休業取得状況の公表義務化

企業においては、就業規則等の見直し、労使協定の締結、育休取得率の算定等が必要となります。

今回は、5つの改正事項を、3つの施行日にわけて、改正内容とポイントを確認します。

“育児・介護休業法の2022年4月からの5つの改正と3段階施行のポイント” の続きを読む

短期退職手当?課税退職所得算出の3つの手当区分と課税計算例

令和3年度の税制改正により、退職所得金額の計算方法が改正され、令和4年(2022年)1月1日より施行されます。

改正内容は、短期退職手当制度の創設です。

平成24年度税制改正において、勤続年数5年以下の法人の役員等の退職所得については、2分の1課税を適用しない特定役員退職手当制度が創設されていますが、令和3年度の税制改正では、新たに勤続年数5年以下の一般の退職手当で一定額を超える退職手当については、2分の1課税の適用をしないこととなります。

今回は、短期退職手当制度の創設により、3つの手当区分となった課税退職所得の算出方法について、具体的な計算例も用いて確認します。

“短期退職手当?課税退職所得算出の3つの手当区分と課税計算例” の続きを読む