新型コロナ緊急対応期間!雇用調整助成金の受給要件と助成内容の特例措置まとめ

令和2年3月28日、厚生労働省は新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置の更なる拡大について公表しました。

新型コロナ感染症の拡大に伴い、 4月1日から6月30日までを緊急対応期間として、雇用調整助成金の特例措置を拡充しています。

雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整として労働者に休業手当を支給し雇用を維持した場合に、事業主が支給した休業手当の一部を助成する制度です。

雇用安定事業として、雇用保険法第62条に規定されています。

今回は、新型コロナ感染症による雇用調整助成金の受給要件と助成内容の特例措置をまとめています。

“新型コロナ緊急対応期間!雇用調整助成金の受給要件と助成内容の特例措置まとめ” の続きを読む

マイカー通勤者にいくら払う?ガソリン代の計算に必要となる4つの項目と計算例

厚生労働省の就労条件総合調査(2015年)によると、通勤手当は91.7%の会社で支給されている最も一般的な手当です。

利用交通手段としては、自家用車(マイカー)利用の割合が最も高く、国勢調査(2000年)では44.3%(通学者も含む)となっています。

公共交通機関であれば定期代の実費を通勤手当の支給額、自家用車(マイカー)であればガソリン代相当額を通勤手当の支給額とすることが一般的です。

今回は、マイカー通勤者のガソリン代相当額の計算に必要となる4つの項目と計算例を確認することとします。

“マイカー通勤者にいくら払う?ガソリン代の計算に必要となる4つの項目と計算例” の続きを読む

新型コロナで自宅待機!使用者の休業手当の支払義務と計算方法と補償制度

新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の休止や労働者の感染拡大防止策として、自宅待機の措置を講じている企業もあるでしょう。

労働基準法第26条では、使用者の責に帰すべき事由により労働者を休業させた場合、使用者は労働者に休業期間中の賃金の60%以上を休業手当として支払うことを規定しています。

一方、国は企業に対し休業手当を助成する仕組みとして雇用調整助成金の制度を設けています。

労働者は雇用維持の代わりに賃金減額を受け入れる、企業は労働者に休業手当を支払うがその金額の一部を国から助成金として受け取る、国は企業への助成を行うことで雇用の安定を実現する――。

いわゆる「三方一両損」の精神で危機を回避する仕組みです。

今回は、休業手当の支払義務が生じた場合の休業手当の計算方法と、国による休業手当の補償制度について確認します。

“新型コロナで自宅待機!使用者の休業手当の支払義務と計算方法と補償制度” の続きを読む

労使協定いくつわかる?労基法の14種類の労使協定の届出義務と協定事項

労使協定とは、使用者と過半数労働組合又は過半数代表者との間で書面により締結される協定をいいます。

労働基準法では最低限の労働条件を規定していますが、それを画一的に適用すると不都合が生じる事項については、労使協定を締結することにより、法規制の例外を認めることとしています。

例えば、36協定であれば、時間外労働や休日労働の規制を除外する効果があります。

今回は労働基準法に規定されている14種類の労使協定について、届出義務の有無で2つに分類し、各労使協定の目的や協定事項等を確認することとします。

“労使協定いくつわかる?労基法の14種類の労使協定の届出義務と協定事項” の続きを読む

フレックスタイム制を導入しよう!2つの導入要件と6つの協定事項

フレックスタイム制とは、一定の期間の総労働時間を定めておき、労働者がその範囲内で各日の始業及び終業時刻を自由に選択できる制度です。

労働者がその生活と仕事との調和を図りながら、効率的に働くことを可能とし、労働時間を短縮しようとすることを法制趣旨としています。

厚生労働省の平成31年の就労条件総合調査 によると、導入会社は5%にとどまります。

そもそも働く時間帯を労働者に委ねていては回らない業種や職種もありますし、導入することで労働時間管理や残業計算が煩雑となる面もありますので、導入にあたっては十分な準備が必要でしょう。

今回は、フレックスタイム制の2つの導入要件と6つの協定事項について確認することとします。

“フレックスタイム制を導入しよう!2つの導入要件と6つの協定事項” の続きを読む

2020年度の社会保険料率が決定!健保介護年金子育て雇用労災の一挙6料率公開

財務省は2020年度の国民負担率を公表しました(令和2年度の国民負担率を公表します )。

国民負担率とは、所得に対する税負担と社会保険料負担の割合です。

2020年度の国民負担率は、2019年度から0.7%増加し、44.6%となる見通しです。

内訳としては、税負担が26.5%、社会保険料負担が18.1%となっています。

税負担は消費税が10%に上がったため前年度比で0.7%増となりますが、社会保険料負担は前年度と変動はありません。

今回は2020年度の会社員の社会保険料率について保険料の内訳単位で確認することとします。

“2020年度の社会保険料率が決定!健保介護年金子育て雇用労災の一挙6料率公開” の続きを読む