企業別の平均月収がわかる!健康保険組合の平均標準報酬月額ランキング(2019年度版)

健康保険組合は任意継続被保険者の標準報酬月額の上限額を毎年度、公告しています。

任意継続被保険者に適用される標準報酬月額は健康保険法第47条により、以下の①・②のいずれか少ない額とされていますので、任意継続被保険者の標準報酬月額の上限額(以下の②)を確認することで健保組合に加入している被保険者の平均標準報酬月額(平均月収)がわかります。

①当該任意継続被保険者が被保険者の資格を喪失したときの標準報酬月額
②前年(1月から3月までの標準報酬月額については、前々年)の9月30日における当該任意継続被保険者の属する保険者が管掌する全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額(健康保険組合が当該平均した額の範囲内においてその規約で定めた額があるときは、当該規約で定めた額)を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額

今回は健康保険組合の平均標準報酬月額を確認し、 企業別の平均月収や業種別の傾向を確認することとします。

“企業別の平均月収がわかる!健康保険組合の平均標準報酬月額ランキング(2019年度版)” の続きを読む

年4回賞与で社会保険料が大幅減?賞与に係る報酬の該当要件と局面別の実務対応

社会保険法制上の賞与とは「賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのもののうち、三月を超える期間ごとに受けるものをいう」と定義されています(健保法第3条・厚年法第3条)。

ポイントは、3か月を超える期間ごとに受けるものを「賞与」として取り扱う――ことです。

よって、年4回以上の賞与で所定の要件を満たす場合は、標準報酬月額の対象となる「報酬」とされ、標準賞与額の対象となる「賞与」とはされません。

賞与では社会保険料が賦課されないこととなります。

今回は、年4回賞与の社会保険料の削減効果、賞与に係る報酬の該当要件、局面別の実務対応について、理解を深めることとします。

“年4回賞与で社会保険料が大幅減?賞与に係る報酬の該当要件と局面別の実務対応” の続きを読む

たったの61組合?定年退職後の健康保険の選択肢。特例退職被保険者制度とは。

健康保険組合は全国に約1400組合あります。その中でたった61組合にしかない制度が「特例退職被保険者制度」です。

特例退職被保険者制度は、厚生労働省に認可された特定健康保険組合のみが行うことができます。

定年退職者の定年後の健康保険の選択肢は次の3つです。

①家族の健康保険の被扶養者になる

②国民健康保険の被保険者になる

③任意継続被保険者になる

上記に加え、特定健康保険組合の被保険者で一定の要件を満たす場合は、

④特例退職被保険者になる

の選択肢が加わります。

今回は特例退職被保険者の加入要件やメリット・デメリットを確認することにします。

“たったの61組合?定年退職後の健康保険の選択肢。特例退職被保険者制度とは。” の続きを読む

配偶者控除と配偶者特別控除の適用有無がわかる6つの質問

2017年の税制改正により配偶者控除と配偶者特別控除の見直しが行われ、2018年の所得税から適用されています。

改正のポイントは、本人と配偶者の所得です。

今回は、配偶者控除と配偶者特別控除の制度を6つの質問で理解することとします。

“配偶者控除と配偶者特別控除の適用有無がわかる6つの質問” の続きを読む

年金の繰上げ・繰下げはいつが得?年齢別の受給率早見表と受給額累計表

年金の原則の受給開始年齢は65歳ですが、受給開始年齢は繰上げと繰下げの制度により、年金受給権者はその開始年齢を60歳~70歳の間で選択することが可能です。

ここで、問題です。

70歳で年金の繰下げをした場合の受給額の累計が、60歳で年金の繰上げをしていた場合の受給額の累計を超えるのは、何歳でしょうか?

答え・・・

“年金の繰上げ・繰下げはいつが得?年齢別の受給率早見表と受給額累計表” の続きを読む