裁量労働まるわかり!専門型・企画型裁量労働制の導入要件と他の勤務制度との違い

裁量労働制とは、①労使であらかじめ定めた対象業務に従事する労働者に、②始業・終業の時刻その他の時間配分の決定及び業務遂行の手段や方法を委ねることで、③労使で定めた時間を働いた時間とみなす制度です。

使用者は、専門人材に裁量を与えることで、大きな成果をだしてもらうことが期待できます。

労働者は、好きな時に、好きな方法で、好きなだけ、仕事をすることで大きな成果をだすことが期待できます。

機能すれば、労使双方にとって合理的でメリットのある働き方となりますが、対象者の選定や運用方法を誤れば、長時間労働の温床となるでしょう。

今回は、裁量労働制の2つの制度の概要と他の勤務制度との違いを確認することとします。

“裁量労働まるわかり!専門型・企画型裁量労働制の導入要件と他の勤務制度との違い” の続きを読む

新型コロナで失業・廃業!国民年金保険料の特例免除の該当要件と申請方法

日本居住の20歳以上60歳未満の人は、すべて国民年金に加入することとなっています。

国民年金被保険者は第1号から第3号までの3種類にわけられており、そのうち自営業や無職の人は、国民年金第1号被保険者として国民年金保険料の納付義務を負います。

令和2年度の国民年金保険料は1か月当たり16,540円です。

新型コロナウイルス感染症の影響により失業や廃業を余儀なくされ、国民年金保険料の納付が困難となる人が今後も増加することが見込まれます。

今回は、新型コロナウイルスの感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合に活用できる免除制度の特例制度と申請方法についてご紹介します。

“新型コロナで失業・廃業!国民年金保険料の特例免除の該当要件と申請方法” の続きを読む

新型コロナの罹患率!罹患者数と面積でわかる都道府県別の罹患密度率ランキング

新型コロナ感染症の爆発的な拡大を防ぐために、密閉・密集・密接の「3密」を避けることが繰り返し呼びかけられています。

人の密集度を測る指標といえば、人口密度。

総務省統計局は5年ごとの「国勢調査」により、1平方キロメートル当たりの人口密度を公表しています。

平成27年度の調査結果では、人口密度の一番高い東京都(6168.7人/㎢)と一番低い北海道(68.6人/㎢)の人口密度の差は、実に90倍です。

東京都の密集度がわかります。

今回は、新型コロナウイルスの都道府県別の累計罹患者数をその面積で除し、都道府県別の罹患密度率としてランキング形式で比較します。

“新型コロナの罹患率!罹患者数と面積でわかる都道府県別の罹患密度率ランキング” の続きを読む

新型コロナで在宅勤務!労働時間を管理する会社しない会社

令和2年4月7日、東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・福岡の7都府県に「緊急事態宣言」が発令されました。

これまでは在宅勤務を推奨にとどめていた会社も、「原則、在宅勤務」に大きく舵が切られました。

在宅勤務がこれまで普及しなかった理由の一つは、労働時間の管理が難しいことが挙げられます。

今回は、在宅勤務における労働時間の管理に着目し、労働時間を管理する会社としない会社の2つの視点で運用上の留意点を確認することとします。

“新型コロナで在宅勤務!労働時間を管理する会社しない会社” の続きを読む

新型コロナ緊急対応期間!雇用調整助成金の受給要件と助成内容の特例措置まとめ

令和2年3月28日、厚生労働省は新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置の更なる拡大について を公表しました。

新型コロナ感染症の拡大に伴い、4月1日から6月30日までを緊急対応期間として、雇用調整助成金の特例措置を拡充しています。

雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整として労働者に休業手当を支給し雇用を維持した場合に、事業主が支給した休業手当の一部を助成する制度です。

雇用安定事業として、雇用保険法第62条に規定されています。

今回は、新型コロナ感染症による雇用調整助成金の受給要件と助成内容の特例措置をまとめています。

🔄4月10日の厚生労働省の報道発表により記事更新。

“新型コロナ緊急対応期間!雇用調整助成金の受給要件と助成内容の特例措置まとめ” の続きを読む