4人で50%!民間給与実態統計調査でわかる給与所得者100人でみた日本

厚生労働白書の付帯資料に「100人でみた日本」シリーズがあります。

🔎 厚生労働白書|厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/toukei_hakusho/hakusho/

今回は、国税庁の民間給与実態統計調査を「100人でみた日本版」にし、給与所得者の実態を確認することとします。

対象調査は、投稿日時点で最新の平成29年の調査結果を使用します。

🔎 民間給与実態統計調査結果(平成29年)|国税庁

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2017/minkan.htm

早速、はじめます。

「59人が男性で、41人が女性です。」

「男性が73%分の支払いを受け、女性は27%分の支払を受けています。」

「74人は正規労働者で、26人は非正規労働者です。」

「47人が勤続10年以上で、そのうち5人は勤続35年以上です。」

「3人が金融業で、そのうちの1人は年収800万円以上です。」

「1人が年収2000万円以上で、その1人で2割の所得税をおさめています」

「4人が年収1000万円以上で、その4人で5割の所得税をおさめています」

「15人は所得税をおさめていません」


所得税は超過累進税率です。

所得(収入)が高い人はより高い税率が適用されるため、年収1000万円以上の4%の人で全体の50%(半分)の所得税をおさめる結果となっています。

以上

written by suchika-hakaru