『アウトプット大全』~意識と行動を変える重要性がわかる本~

人生はアウトプットで変わります。

本書の著者のアウトプットが、超絶です。

メルマガ毎日発行13年、Facebook毎日更新8年、Youtube毎日更新5年。

超人です。

凡人には真似できない芸当です。

アウトプット「大全」というタイトルの通り、80の具体的なアウトプット法が本書に凝縮されています。

今回は、80のアウトプット法から、意識と行動を変える3つを厳選して紹介します。

1.インプットの2倍のアウトプット

インプットとアウトプットの黄金比は3対7

座学での研修やセミナーは、わかったような気がします。

研修の最後締めくくりといえば、「明日から、いや、今日からすぐに実践しましょう。」が定番です。

ですが、懇親会の場所は覚えていても、研修内容は思い出せません。

大事なことは、やはり、実践することだったのです。

インプットしたらアウトプットをする。

そして、それを繰り返す。

シンプルです。

本書の一節が、響きます。

インプットは「脳内世界」がかわるだけアウトプットして、はじめて、「現実世界」がかわる。

インプットアウトプットの流れが重要です。

2.学びの2つのベクトル

学びの方向性は広げるか深めるかの2つの方向性しかありません

やりたいことが、特にない。

就活生の大半は、そうでしょう。

人気職業ランキングは、仕事をイメージできる職業ばかりです。

学びについても、同様です。

自分が興味を持つ分野をみつけないことには、深めることはできません。

まずは、広げる。

そして、興味を持つ分野をみつけたら、深める。

広く浅い知識や経験を、お金にかえることは、できません。

人に教えられるレベルになって、はじめて、お金にかわります。

人に教えることは、アウトプットとしても有効です。

本書でも、断言します。

最も自己成長につながるアウトプット法、それは、教えること。

人に教えられることを、いくつ、持つか。

広げる深めるの流れが重要です。

3.メールは二度開かない

同じメールは二度開かない

即、実践したいことです。

確実に、効率化します。

いわゆる、即レスではなく、二度開かないという点が、よいです。

即レスには、賛否両論あります。

ですが、同じメールを二度開かないということへの、異論はないでしょう。

メールは一度開いて解決する。

圧倒的に結果をだす人の第一歩のようです。


最後に有名な名言。

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

アウトプットとは行動すること。意識だけでは足りません。

以上

written by yondara-wakaru