年休取得義務化の制度と罰則が図解でわかる17の質問

2018年7月6日に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が公布されました。

目玉の一つは「年次有給休暇の取得義務化」です。

2019年4月から、全ての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇の日数のうち年5日については、使用者が時季を指定して取得させることが必要となりました。

厚生労働省はパンフレットを公開し、Q&A形式で具体的な取扱いについて公開しています。 

🔎 年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説|厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

今回は、Q&Aを図解し理解を深めることとします。

“年休取得義務化の制度と罰則が図解でわかる17の質問” の続きを読む

時間外労働の上限規制!労基法における単月・複数月・年間・回数の4つの規制

2018年7月6日「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が公布され、2019年4月1日より順次施行されています。

罰則付きの時間外労働の上限規制は、大企業では2019年4月1日から適用されます(中小企業は2020年4月から適用。一部事業は2024年4月まで適用猶予有り。)。

違反すると「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」に科されるおそれがあります。

これまで36協定の特別条項で臨時的な特別の事情がある場合は、法規制を受けることなく限度時間を定めることができ、実質的に上限規制はありませんでした。

今回は、単月・複数月・年間・回数の時間外労働にかかる4つの規制について、労働基準法の根拠規定を確認し理解を深めることとします。

(補足)上限規制は、2019年4月1日(中小企業は2020年4月1日)以後の期間のみを定めた36協定に対して適用されます。2019年3月31日を含む期間について定めた36協定については、その協定の初日から1年間は引き続き有効となり、上限規制は適用されません。

“時間外労働の上限規制!労基法における単月・複数月・年間・回数の4つの規制” の続きを読む

固定残業代の制度と計算方法がザックリわかる9つの質問

固定残業代とは現実の残業時間にかかわらず一定額を残業代として毎月支給する制度です。

固定残業代の支給により残業が青天井で許容され、残業代が免除される制度ではありません。

現実の残業時間による残業代が、固定残業代を超過した場合は追加支給が必要です。

固定残業代の法令規定はありません。混同されがちな「みなし労働時間制」(※)とは異なる制度です。

今回は9つの質問で、固定残業代の制度と計算方法の理解を深めましょう。

(※)「みなし労働時間制」…事業場外のみなし労働時間制(労基法38条の2)、専門業務型裁量労働制(労基法38条の3)、企画業務型裁量労働制(労基法38条の4)

“固定残業代の制度と計算方法がザックリわかる9つの質問” の続きを読む

営業職は残業代なし?事業場外のみなし労働時間制の適用基準と3つの訴訟事案

営業職に残業代を払わない会社があります。法制根拠は、労働基準法第38条の2に規定されている「事業場外のみなし労働時間制」です。

事業場外のみなし労働時間制は、外回りの営業職のように社外で働くことで、使用者の指揮監督が及ばず、労働時間の把握が難しい場合に適用されます。昭和63年4月1日に施行され、平成28年の就労条件総合調査によると1割の企業で導入されています。

一方、適用労働者による残業代未払請求訴訟も提起されています。争点は、「労働時間の算定が可能か否か」という点です。

事業場外のみなし労働時間制は、社外業務に無条件で適用されるものではありません。携帯電話や企業内コミュニケーションツールが発展した現在では、適用対象は限定されます。

企業側は、法適用基準の原則を理解し、訴訟争点をおさえることで適正な制度運用が実施されるよう対策を講じましょう。

“営業職は残業代なし?事業場外のみなし労働時間制の適用基準と3つの訴訟事案” の続きを読む

残業代の計算方法を完璧に理解する5つのポイントと7つの法令通達

厚生労働省の監督指導による賃金不払残業の是正結果によると、平成29年度の是正企業数(支払額100万円以上)は1870企業、支払われた割増賃金合計額は446億円にのぼります。

🔎 監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成29年度)|厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/chingin-c_h29.html

今回は残業代を計算する上で5つのポイントを7つの法令と通達根拠でご案内します。

“残業代の計算方法を完璧に理解する5つのポイントと7つの法令通達” の続きを読む